散歩道

動物の写真集が売れているようだ。犬や猫など可愛らしいものだけでなく、ゴリラも人気のようだ。”威厳のある佇まいが「哲学者」の雰囲気を感じさせる”という声もある。
霊長類学の研究者で京都大学総長の山極壽一氏は、集団生活をするゴリラのまとめ役を「ボス」とは呼ばず、「リーダー」と呼んで区別する。ニホンザルの場合、トップに立つのは「ボスザル」で、常に自分の力を誇示することで立場を保つ。だが集団同士の喧嘩になると若いオスが前線に出て、ボスは後ろに控えたままだという。
一方で、ゴリラの「リーダー」は存在感や振る舞いで周囲に頼られ、メスや子供達から「あなたに従っていく」と承認されている。いざ緊迫した局面になると、リーダーが一番前に出てドラミング「胸を叩く仕草」を。敵を威嚇し、皆を守るのだそうだ。
人間社会でも頼られるのは、威張らず、周囲に安心感を与え、いざという時は最前線に立つ責任感のある人だろう。

f0374415_06244030.jpg
RICOH GRⅡ

[PR]
# by estimano | 2017-03-07 06:23 | RICOH GRⅡ | Trackback | Comments(0)

群来

今、北海道の日本海沿岸が各地で白く濁っている。ニシンの群れが産卵で押し寄せる「群来」という現象だ。なかでも江差町では大正2年以来、104年ぶりとのこと。
「春告魚」の異名を持つように、かつて春はニシン漁で栄え、全国へ向かう北前船は大賑わいだったが、近年は激減し、群来は見られなかった。関係者は資源回復を目指し、稚魚の放流を地道に続けてきたそう。

f0374415_07460670.jpg
M Monochrom / Thanbar 9cm f2.2


[PR]
# by estimano | 2017-03-06 00:00 | Thambar 90mm f2.2 | Trackback | Comments(0)

散歩道

f0374415_23194962.jpg

RICOH GRⅡ
[PR]
# by estimano | 2017-03-04 00:00 | RICOH GRⅡ | Trackback | Comments(0)

窓辺

f0374415_01093856.jpg

M Monochrom / Nokton 50mm f1.5(Prominent)
[PR]
# by estimano | 2017-03-03 01:07 | Prominent NOKTON | Trackback | Comments(0)

ひな祭り

「雛祭る 都はづれや 桃の月」(与謝蕪村)。3日は「桃の節句」。千葉県勝浦市では約3万体の雛人形が飾られるなど、各地で多彩な行事が行われている。
ひな祭りは、元は貴族階級の文化。庶民に広がったのは江戸時代と言われる。ただ、我が子の健やかな成長を祈る親の心に古今東西、違いはあるまい。
少子化、グローバル社会に対応する学校教育改革、貧困、格差と、子どもの現状への社会的関心は高まっている。だがそこには、子供を”経済成長や社会保障の担い手”と捉える前に、子供たち自身の幸福を中心に考える視点が根本になければならない。子等を慈しみ、励ます文化をつくる。それが明るく、平和な社会を築く力になる。

f0374415_17570181.jpg
M Monochrom / Hektor 7.3cm f1.9

[PR]
# by estimano | 2017-03-02 00:00 | Hektor 7.3cm f1.9 | Trackback | Comments(0)

神楽坂

f0374415_23462989.jpg

M9 / Xenon 5cm f1.5
[PR]
# by estimano | 2017-03-01 00:00 | Xenon 5cm f1.5 | Trackback | Comments(0)

丸の内

f0374415_23432718.jpg

M3 / Goerz Kino-Hypar 5cm f3 Tri-X
[PR]
# by estimano | 2017-02-28 23:41 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

中目黒

f0374415_18543564.jpg

α7Ⅱ / Nokton 50mm f1.5(Prominent)
[PR]
# by estimano | 2017-02-27 18:53 | Prominent NOKTON | Trackback | Comments(0)

感謝

球春到来。プロ野球のオープン戦が今日から始まった。各チームとも、レギュラー陣の活躍とともに、新戦力の台頭に期待が集まる。
プロ球団に選ばれた選手たちだ。入団当初の実力差は紙一重。では、何によって差が生じるのか。監督時代、名将と言われた解説者の野村克也氏によると、その決め手は「感性」という。感じる力が優れている選手は、相手の動き、試合の流れなど、わずかな変化でも気付き、対応する。修正能力に長け、同じ失敗を繰り返さない。だから伸びる。
この「感性」をはかるのに、実は氏が最も重視したのは「親を大事にしているかどうか」だった。恩人への感謝。それこそが「感じる心の根っこ」であると。
「知恩をもて前とす」と。感謝の人は強い。”今の自分があるのは誰のおかげか”。人生の師、肉親、同志......。祈り、励まし、支えてくれた存在を強く思えば、不安や孤独は消える。勇気が湧き上がる。絶対に負けない。
モバイルSTBで東北楽天の新人・池田隆英投手の一家の番組を視聴し、胸が熱くなった。映し出された投手愛用のグラブに、「親孝行」の文字の刺繍が。この「感謝の心」で戦う青年の未来が楽しみだ。

f0374415_23203526.jpg
M4-M / Summar 5cm f2 Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-02-26 00:00 | Summar 5cm f2 | Trackback | Comments(0)

中目黒

f0374415_17105703.jpg

M3 / Goerz Kino-Hypar 5cm f3 Tri-X
[PR]
# by estimano | 2017-02-25 00:01 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

真正面

先日、89歳で亡くなったオランダの絵本作家ディック・ブルーナさん。うさぎの「ミッフィー」シリーズをはじめ、多くの作品を残した。
ブルーナさんが描いた絵本の登場人物は、いつも正面を向いている。体が横を向いても顔は真正面のまま。その理由を「嬉しい時にも悲しい時にも目をそらすことなく、読者の子供たちと正直に対峙していたいという気持ちのあらわれ」と語った。全ての子どもに「平等に幸福が訪れますように」と創作を続けたという。
10代の時、ナチス・ドイツがオランダに侵攻した。疎開先で過ごしていた冬の日、幾人かのユダヤ人が冷たい湖を泳いで逃げる場面を見かけ、憤りと悲しみが込み上げた。少年時代の体験から「戦争はあってはならない」と。子どもの幸せをまっすぐに見つめる眼差しの奥には、平和を願う信念があったのだろう。

f0374415_15203866.jpg
M Monochrom / Hektor 7.3cm f1.9

[PR]
# by estimano | 2017-02-24 00:00 | Hektor 7.3cm f1.9 | Trackback | Comments(0)

海賊

「海賊と呼ばれた男」が好評だ。主人公のモデルは、出光佐三氏。「人間尊重」という経営哲学も注目を集めている。
石油を扱うことが禁じられた戦後、氏が最初に本格的に手掛けた仕事は、畑違いのラジオの修理。「世間からはいわゆる『ラジオ屋』として見られる」と、本業ができないもどかしさを吐露している。だが同時に「これだけでも良い修行」と前向きに捉えた。そして、生活必需品の修繕は「新日本建設に偉大なる貢献をなす」と心に決めた。
見栄や気取りを捨てた人は、思いもしない力が出る。どんな仕事も、場所も、「これこそ我が使命」と決めることから、偉業への道は開かれ始める。

f0374415_12393363.jpg
M4-M Summilux 35mm f1.4(2nd) Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-02-22 00:00 | Summilux 35mm f1.4 | Trackback | Comments(0)

熟成

「サザエさん」の父・磯野波平は54歳。意外に若い。ただ連載が開始された1946年(昭和21年)ごろの男性平均寿命が50.1歳だったことを考えると、波平も”高齢者”として描かれたことが分かる。
現在、高齢者の定義は65歳以上。だが本年1月、75歳以上に見直すよう日本老年学会が提言した(65〜74歳は準高齢者)。体力・生活機能などを科学的に検証した結果、以前より「若返り」が認められたという。
体は確実に老いるが、心まで老いる必要はない。「高齢者」といっても、社会が決めた物差しの一つにすぎない。決意に立てば、心は若々しい青年に変わる。
「年を重ねる」とは、見方を変えれば「熟成」ということでもある。磨かれた人間性の輝きは、周りを照らす希望の灯台となる。

f0374415_12223009.jpg
M3 / Goerz Kino-Hypar 5cm f3 Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-02-21 12:37 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

生涯一書生

作家・吉村作治氏の信条は「生涯一書生」。世間が「大家」ともてはやそうと、謙虚さを失わなかった。さらに氏は言う。「一生一書生である者には、『疲れ』とか『倦む』とかいったことはない。およそ、そうした類の言葉には絶縁である」。
完結した生涯最後の作品は『私太平記』。この新聞小説の連載開始の前年まで、週刊誌上で7年にわたり『新・平家物語』の筆を執り続けている。大衆の心に響くものを求め、最後まで書き続けた生涯だった。

f0374415_10213687.jpg
M3 / Xenon 5cm f1.5 Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-02-20 10:38 | Xenon 5cm f1.5 | Trackback | Comments(0)

2020のグローバル

「♨︎」は何のマーク?と聞かれたら。ほとんどの日本人は「温泉」と答える。だが、外国人に聞くと「温かい食べ物」などと返ってくるそうだ。
街中にあるトイレや非常口、車椅子などの案内マークを「ピクトグラム」という。日本では前回の東京五輪で生まれたものだが、経産省は2020年の五輪に向け、一部のピクトグラムを外国人にも分かりやすいものに変更するなど、検討を進めている。
一方、同じ東京五輪を目指して進む国家的プロジェクトが自動翻訳技術だ。AI(人工知能)の進化にっよって実用化は間近で、2020年には、これによる翻訳アプリが”おもてなし”の主役になるかもしれない。
テクノロジーや創意工夫によって、「物のグローバル化」から「人のグローバル化」への条件は急速に整いつつある。だがそれが即、平和につながるわけではない。逆に自国優先主義、排外主義の動きが世界各地で勢いを増しつつある情勢だ。
教育の父は、既に20世紀の初頭、「郷民」「国民」「世界民」の三つの自覚を併せ持つ必要性を訴えた。そうした意識変革を促す、広い意味での「教育」が、最も確実な国際理解への価値創造である。平和・文化・教育連動の意義をかみしめたい。

f0374415_11124070.jpg
M3 / Nokton 50mm f1.5(Prominent) Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-02-19 00:00 | Prominent NOKTON | Trackback | Comments(0)

雨水

今日は二十四節気の一つである「雨水」。空から降るものが雨に変わり、雪や氷が解け始める時期とされる。
今年大雪に見舞われた友が語っていた。「雪の解け始める頃に一番、日差しのありがたさを感じます」。どんなにかたく冷たい雪も、太陽の光が解かし、躍動の春をもたらす。

f0374415_09582519.jpg
M3 / Goerz Kino-Hypar 5cm f3 Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-02-18 11:08 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

幹肌

f0374415_00022326.jpg

M Monochrom / Thambar 9cm f2.2
[PR]
# by estimano | 2017-02-14 00:01 | Thambar 90mm f2.2 | Trackback | Comments(0)

朝陽

f0374415_23072798.jpg

M Monochrom / Hektor 7.3cm f1.9
[PR]
# by estimano | 2017-02-13 00:00 | Hektor 7.3cm f1.9 | Trackback | Comments(0)

Thierry

f0374415_11174116.jpg

M Monochrom / Thambar 9cm f2.2
[PR]
# by estimano | 2017-02-11 11:15 | Thambar 90mm f2.2 | Trackback | Comments(0)

2月10日

駅のホームで手伝いを必要とする人がいる。「何かお困りですか?」と声をかけようか躊躇するうちに機を逸してしまった。そんな経験がある。
善行をなすときには勇気が必要だが、こうした場合は勇気のあるなしよりも、むしろ、”習慣になっているかどうか”で行動が違ってくるだろう。ある文化人は、困っている人に自然に手を差し伸べることが「自分の人生の一部になる必要がある」と指摘する。
アメリカでは10代からホームレスへの炊き出しなどを重ねることで、ボランティア精神を身につけるという地域がある。やり方はさまざまあるにしても、自分の小さな世界にとどまることなく、同じ「人間として」行動する日頃からの訓練や教育が重要といえる。
海外の企業から日本の企業のトップに就いた人が、「愕然としたことがある」と言っていた。一つは、日本社会に「社会貢献の文化が乏しい」こと、もう一つは「女性の登用など多様性が乏しい」こと。ただ前者は、東日本大震災を契機に「急速に根付いてきた」とも。
教訓は同苦の姿勢--自分の心の中に他者を置き、相手を理解する努力と行動を教える。震災から間もなく6年。被災地の「苦しむ心」をお置き去りにせず、同苦し続ける自分でありたいと思う。

f0374415_10201439.jpg
M3 / Nokton 50mm f1.5(Prominent) Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-02-10 10:44 | Prominent NOKTON | Trackback | Comments(0)

やったるで効果

力強く鍵盤を叩くと、脳から”やったるで効果”が出て、頭が良くなる--そんな理由で母にピアノを習わされた、とジャズシンガーの綾戸智恵さんが、ラジオ番組で自身の少女時代を語っていた。
綾戸さんのお母さんの説が、医学的に正しいかは分からない。ただ、ある楽曲のフレーズを聴くと、気持ちのスイッチが入ることがある。そう言われると、うなずける。
先日、とある合唱団が宮城を訪れ、復興支援の「希望の絆」コンサートを県内各地で行った。仙台市での公演の最後は「母」の曲だった。〽︎母よ、と歌声が響くや、会場のあちこちで目頭を押さえる人の姿があった。
愛し育んでくれた母。わが地域の母。震災以来、涙を封印し、気丈に家族を守ってきた母である自分自身......皆がそれぞれの”母”を思い浮かべていたのだろう。そして、合唱団が歌い終わった瞬間、聴衆は、りりしい顔で喝采を送っていた。皆の心の”やったるでスイッチ”が入ったのだろう。
師匠は「『今』『ここで』『直ちに』人間の生命を励ますことができる。これが音楽の妙なる力」と。音楽の力は偉大だ。そして、その力を心いっぱいに受け止めて、立ち上がる人間も、また偉大になれる。



f0374415_00132305.jpg

M3 / Goertz Kino-Hypar 5cm f3
[PR]
# by estimano | 2017-02-09 00:12 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

硝子

f0374415_09171573.jpg

M3 / Xenon 5cm f1.5 Tri-X
[PR]
# by estimano | 2017-02-05 09:14 | Xenon 5cm f1.5 | Trackback | Comments(0)

Here

f0374415_23215392.jpg

M3 / Goertz Kino-Hypar 5cm f3
[PR]
# by estimano | 2017-02-04 00:00 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

朝カフェ

f0374415_22481284.jpg

M3 / Goertz Kino-Hypar 5cm f3 Tri-X
[PR]
# by estimano | 2017-02-03 00:00 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

岩崎

f0374415_21515169.jpg

M4-M / Summilux 35mm f1.4 2nd Tri-X
[PR]
# by estimano | 2017-02-02 00:00 | Summilux 35mm f1.4 | Trackback | Comments(0)

ホール

f0374415_06521102.jpg

M4-M / Summilux 35mm f1.4 2nd TriX
[PR]
# by estimano | 2017-02-01 06:50 | Summilux 35mm f1.4 | Trackback | Comments(0)

1月

f0374415_08473444.jpg
M4 / Summilux 35mm f1.4 (2nd) Tri-X

[PR]
# by estimano | 2017-01-31 00:00 | Summilux 35mm f1.4 | Trackback | Comments(0)

AI

ディープ・ラーニング(深層学習)という技術によって、人工知能 (AI)は著しい発展を遂げている。
自動運転の車や、会話のできるロボットなどが登場し、日常生活にも変化が起こりつつある。2045年にはAIの知能が人間を超える、との予測もあるが、AIと人間の関係を問う視点を持ち続けたい。
AIはモーツァルトになれますか--音楽学者の岡田暁生さんは最近よくそんな質問をされるという。”モーツァルト風の曲が作れるか”という意味なら「イエス」、”モーツアルト並みの曲が書けるか”なら「ノー」と答えるそうだ。
どんな大作曲家の曲にも、独特のパターンがあるから、AIは、パターンなどデータの集積と組み合わせによって”モーツアルトらしい曲”に仕上げることはできる。だが、パターンそのものを生み出し、人々の心を打つ名曲を作ることは、偉大な作曲家、つまり人間にしかできない、と岡田さんは強調する。
AIという存在は、私たちの「人間の証し」について鋭く問いかける。物事の良しあしを判断し、新たな価値を作り出すことは、人間にのみなせる業。技術革新とともに、人間が価値創造の知恵を発揮していくならば、生活や社会は真に豊かなものとなるだろう。


f0374415_13130140.jpg
M3 / Kino-Hypar 5cm f3 TriX

[PR]
# by estimano | 2017-01-30 00:00 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

近接

f0374415_05492699.jpg



f0374415_05492777.jpg

M3 / Kino-Hypar 5cm f3 Trix 400
[PR]
# by estimano | 2017-01-29 05:47 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

強根

f0374415_07130211.jpg

M3 / Kino_Hypar 5cm f3 Trix 400
[PR]
# by estimano | 2017-01-28 07:12 | KINO-HYPAR 5cm f3 | Trackback | Comments(0)

E-statice

by Estimano
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31